最高の人生の見つけ方/THE BUCKET LIST

2007年/米 97分 監督: ロブ・ライナー
bucketlist_s.jpg
モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソン主演の「最高の人生の見つけ方」を観てきました。公開初日に観に行くのは実に久しぶりです。
余命半年と宣告された見ず知らずの老人同士が、同じ病室になったことから意気投合し、最後の人生を思いっきり楽しむという話です。
モーガン・フリーマンの語りから映画が始まりますがこの語りを聞いただけで、う~ん。いい。と思ってしまいました。この人の声は本当にあったかいというか色んなものが詰まっている気がします。ジャック・ニコルソンのちょい悪オヤジ的な役もハマリ役でしたが、この映画はモーガン・フリーマンがいないと成立してないなと思うほど彼の存在感が絶対的なものでした。
内容としては非常に分かりやすい展開なのですが、その中でも格言や人生観について考えさせられる場面があったりと97分があっという間でした。最後に当然二人とも最期の時がやってくるのですが、この映画は死を悲観的に描いておらず、死に向かいつつも愛と友情と笑顔に溢れた素敵な作品でした。
フランスだったりチョモランマだったりタージマハールだったり景色も綺麗で、ピラミッドをバックに二人で語り合う場面は非常によい場面でした。
この映画はとにかく、モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンのファンであれば楽しめることは間違いないと思います。
★★★★(満足)
さすが名優!