2003年/米 138分 監督:クリント・イーストウッド
ミスティック・リバー
悲しみに満ちた傑作ミステリー
何度見ても傑作ですね。この作品は。ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケビン・ベーコンの3人がとにかく素晴らしい。
それに加え脚本もよく練り込まれていてしっかりと物語に入り込める。
ただそんなよく練られている脚本ですが、内容は全体として悲しみに包まれていて、特にショーン・ペン演じるジミーの苦悩は筆舌に尽くし難いものがあります。その悲しみの根底には愛があり、その愛こそがこの映画のテーマなんではかなぁと思っています。
★★★★☆(傑作)

Post to Google Buzz

No related posts.