父親たちの星条旗クリント・イーストウッド監督の最新作「父親たちの星条旗」を観て来ました。実に久しぶりに映画館に足を運びました。硫黄島を舞台にした戦争映画で日米両方の視点から描かれるというところが、今までの戦争映画にない面白さかな。と思って観たのですが…。
この2本、話自体はリンクしてません。つまり、父親たちの星条旗サイドには渡辺謙も二宮和也も出てこない訳です。2部作ということでのザッピングを期待して見に行った私としては大きなマイナスポイントでした。
内容はというと、時制が様々に散っているので一般的な映画にある、「この先どうなるの!?」という当たり前の見方が出来ません。散らすやり方も悪くないのですが、「あ。この映画時系列がバラバラになってるな」と気が付けないとキツイ。
つまりオーソドックスに戦争で生まれる感動を味わえる映画ではないのです。戦争という器の中で、国債発行のセールスをさせられた男たちの映画です。どちらかというと記録映画に近い作品なので、面白い。面白くない。で片付けると面白くない。ということになります。ただ、二部目はどちらかというとオーソドックスな仕上がりになっているっぽいのでこちらも観ようとは思います。
映画のメインビジュアルはかなりかっこいいです。
★★★(期待はずれ)

Post to Google Buzz

No related posts.