ラッキーナンバー7

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)ジョシュ・ハートネット 、ブルース・ウィリス 、ルーシー・リュー 、モーガン・フリーマンとそうそうたるスターが出演しているのに、まったく盛り上がりに欠けている本作。また、「オーシャンズ11」みたいにつまらない映画なんじゃないかとはなから否定的ではありましたが、観てきました。ところが、これなかなかの作品でしたよ。スターが競演しているので、派手な仕上がりになっていると思いきや、地味で重たい内容のサスペンスでした。
初め1時間くらいは、何のことだかよく分からないままに話は進み、眠たくなる展開ですが、ラスト30分はかなりひっくり返されるので面白く、娯楽映画としては及第点という感じ。ただ、難解な部分も多く、人と人との繋がりを記憶しておくのが大変です。私は不覚にも劇場でウトウトしてしまい気になる部分を解明できなかったので、DVDになったらもう一度観てみたいと思います。そして良質な映画なのにイマイチ盛り上がりに欠けているのは「ラッキーナンバー7」なんて派手目なタイトルをつけているからで、劇中に出て来る「**カンザスシティ・シャッフル**」という意味深なキーワードをそのままタイトルにした方がこの手の映画好きにはうけたんじゃない?と思わないでもないです。
★★★☆(まあまあ)