ニライカナイからの手紙沖縄の竹富島が舞台の蒼井優が初めて主役を演じた作品です。これは素敵な映画でした。話の展開は読めてしまうけれど、それでもいいと思える。蒼井優がよかったというのももちろんですが、映像も音楽もとても心に響きます。お母さん役の南果歩の語りに思わず涙しました。沖縄の人が先祖代々大事にしている「ニライカナイ」というワードの持つ不思議な暖かさを壊さずに描いた傑作です。
★★★★(満足)

Post to Google Buzz

Related posts:

  1. 嫌われ松子の一生 嫌われ松子の一生 2006年/日 130分 監督:中島哲也 嫌われ松子の一生を見ました。話は何となく想像が付いていたので、それほど心は掴まれませんでした。コメディにしては、物悲しく、ドラマとしてはバカすぎる。何とも中.. 続きを読む...
  2. 電車男 2005年/日本 101分 監督:村上正典 テレビでやっていたのを観ました。内容は観なくてもわかりますので、面白みは少ない映画です。元々イケメンの山田君がヲタに扮しても現実とはかけ離れてます。ヲタの人は大体もう少し近.. 続きを読む...