ゾディアック

デビッド・フィンチャー監督の最新作、『ゾディアック』をDVDにて鑑賞。
ゾディアック 特別版
アメリカで1960年代後半〜70年代にかけて実在におこった連続殺人事件を映画化した作品。新聞社に暗号文を送りつけて掲載させ、人々の恐怖を煽ったというのが映画になったポイントかなと思いましたが、映画では暗号の解読というよりも、このZodiacと名乗る犯人に翻弄された人達の行動がリアルに描かれていました。
新年一発目に観る映画じゃなかったかなとは思いましたが、監督のディテールへのこだわりはかなりのもので、映像・脚本・音楽など全てにおいて、非常に丁寧に作られています。淡々とした話なので、目が離せなくなるようなシーンは殆どないですが、良作であることは間違いないです。
★★★☆(まあまあ)


追記
遠い空の向こうに』とか『ドニー・ダーコ』とかジェイク・ギレンホールって凄い好きな役者さんなんですが、スパイダーマンシリーズのトビー・マグワイヤといつもどっちがどっちか分からなくなります。これって私だけですか?