レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―

レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦― レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦― (2009)

【監督】ジョン・ウー
【出演】トニー・レオン / 金城武 / チャン・フォンイー / チャン・チェン / ヴィッキー・チャオ / フー・ジュン / 中村獅童 / リン・チーリン


★★★ [60点]「映像の迫力は◎だけど、基本的にはありえない。」

パート1を映画館で、パート2はDVDで鑑賞しました。基本的にはイケメン三国志で、エンターテイメント映画としては及第点の作品です。戦闘のシーンの迫力は満点で、思わず息をするのも忘れるほどに見入ってしまいました。

でもちょっと派手すぎてありえなくなっちゃってるかなぁ。というのが率直な感想です。映画だからしやぁないのでしょうが、現実離れしすぎて完全にヒーローもののアクションになっちゃってます。曹操を悪とする描き方もフェアじゃないし、魏の将軍にもちゃんと活躍した武将がいるはずなのに、まったく持って出てこないのはおかしい。

負けっぷりも甚だしいし、勧善懲悪にするならもっとこう、連合軍が窮地に追い込まれるみたいな展開が必要じゃなかったのかなと思います。

一方的に連合軍の視点でやるんじゃなくて、もうちょっと魏サイドの話を入れてくれ!と。

ということで、合戦ものだったら、ザック・スナイダー監督の「300(スリーハンドレッド)」の方が面白かったかなと感じました。

Posted by k14 on 2009/08/09 with 映画生活