アヒルと鴨のコインロッカー

アヒルと鴨のコインロッカー アヒルと鴨のコインロッカー (2007)

【監督】中村義洋
【出演】濱田岳 / 瑛太 / 松田龍平 / 関めぐみ / 大塚寧々 / キムラ緑子 / なぎら健壱 / 田村圭生 / 関暁夫 / 真島秀和 / 野村恵里 / 平田薫 / 寺十吾 / 恩田括


★★★★ [80点]「裏切られる快感と悲しみ」

仙台の大学に合格し、親元を離れて一人暮らしを始めた少年が、アパートの隣人に本屋襲撃を持ちかけられ、ノリで付き合わされてしまう話です。

事前に情報を一切仕入れずに、ビデオ屋でタイトルだけで借りてきました。結果かなり面白かったです。”カワサキ”という存在。本屋襲撃。動物への虐待。ボブ・ディラン。どこか村上春樹の小説のオマージュな印象を受けずにはいられません。(私だけ?)

前半は非常にミステリアスな展開で、伏線だらけのまま終わる退屈な映画か。。と思いましたが、後半の展開、および伏線の回収っぷりはすごい。まったくもって驚きの展開でした。

最近では珍しい練りこまれた脚本に舌を巻きました。

ボブ・ディランの「風に吹かれて」の答えは風のなかという歌詞が微妙に物語の鍵を握る。という演出も◎です。

Posted by k14 on 2009/07/08 with 映画生活