犯人に告ぐ

2007年/日本 117分 監督:瀧本智行
犯人に告ぐ
テレビでやっていたので、なんとなく見てみました。
神奈川県警本部の”巻島史彦”は、とある誘拐事件の捜査ミスの責任を負わされて捜査会見を行うが、マスコミの激しい攻撃に晒された事から逆切れし、足柄署に左遷された。
6年後、「バッドマン」を名乗る犯人による連続幼児誘拐殺人事件の捜査が難航。そんな時、巻島がその責任者として呼び寄せられる。巻島はニュース番組に出演し、犯人にメッセージを送る異例の操作方法をとる。
という話。内容は刑事ドラマ。という感じ。重苦しい雰囲気が豊川悦司の雰囲気とぴったりでした。津田長を演じた笹野高史も味のあるいい演技でした。
でも、そもそも。事件の担当者がマスコミ使って犯人にメッセージを送るっているのが凄く違和感。警察ってそんなことしないんじゃ…。それから最後にブスっといかれるのも不自然。何だか原作(読んでませんが)を生かしきれていない脚本だったんじゃないかなと。
豊川悦司を堪能する映画だと思えばそんなことはどうでもいいんでしょうが。。
– -評価- –
6 ★★★(雰囲気はいいけど脚本が微妙)