2006年/日 131分 監督:西谷弘
県庁の星 スタンダード・エディション
織田裕二主演の、県庁の星を鑑賞。エリート県庁職員が研修で三流スーパーに。パート社員たちとぶつかりながらもスーパーをそして県政を変えていく話です。
行政の矛盾を付く内容に意織田裕二、柴咲コウなどのコミカルな掛け合い。これは面白かったです。ちょっとやりすぎな位、痛烈な行政批判の映画ですが、いい線を付いているんじゃないかと思いました。豪華な庁舎に高級なエスプレソマシンとル・コルビジェの椅子がずらっと並ぶ休憩室。公務員以外の人が見たらこれは誰でも頭にきます。多分、思いっきり公務員を憎らしい存在にすることでスーパーのパートさん達と対比を明確にしてるんですね。
個人的にも最近市営だか県営だかの火葬場に行きましたが、お城のような井出達で凄まじくお金のかかった感じを受けました。地方は国からの地方交付税で不足を補いつつも、地元業者との癒着でとんでもないものを作ってしまう。そんなことを感じていた矢先だったのでタイムリーな話題でした。
そしてスーパーの店員のお客様重視の姿勢と、エリート公務員のマニュアルでしか対応しない姿勢の対比も、確かにこういうところあるよな~。と両者の比較を楽しみました。
社会批判を喜劇で描くのは面白いですね。
★★★★(安心して見れる)

Post to Google Buzz

Related posts:

  1. 舞妓haaaan!!! 「大日本人」でもなく、「監督・バンザイ」でもなく、「舞妓haaaan!!!」を見に行ってき見ました。なんと言っても阿部サダヲ。これは面白かったです。もう物凄いテンションで頑張っている。かなり笑かされました。柴咲コウ、.. 続きを読む...
  2. ニライカナイからの手紙  沖縄の竹富島が舞台の蒼井優が初めて主役を演じた作品です。これは素敵な映画でした。話の展開は読めてしまうけれど、それでもいいと思える。蒼井優がよかったというのももちろんですが、映像も音楽もとても心に響きます。お母さん役の.. 続きを読む...
  3. 電車男 2005年/日本 101分 監督:村上正典 テレビでやっていたのを観ました。内容は観なくてもわかりますので、面白みは少ない映画です。元々イケメンの山田君がヲタに扮しても現実とはかけ離れてます。ヲタの人は大体もう少し近.. 続きを読む...
  4. あしたの私のつくり方 2007年/日 97分 監督:市川準 いじめられっこ役、いじめる役、いい子を演じる役。10代の少女が演じている自分ではない自分に悩み成長していく物語。 久しぶりに静かな日本映画を鑑賞しました。事前にまったく情報を仕入.. 続きを読む...
  5. アフタースクール 2008年/日 108分 監督: 内田けんじ ...