NHKでテレビ観戦。実にレベルの高い、いい試合だったと思います。主審のジャッジはちょっと微妙だったけど。特に目立っていた気がするのは梅崎です。ポンテが戦列に復帰してもポジションは渡さん!という気合いが感じられました。でもその気合いをさらっとかわすかのような遠藤のゴールは恐れ入りました。代表レベルの存在感を遺憾なく発揮していたと思います。
しかしです。
試合の内容は素晴らしかったけど、その後がよくない。

<J1サポーター>物投げあい、浦和側がガンバ側を缶詰めに

ガンバの選手が円陣を組んで喜んでいるところに、闘莉王が「おい、やめろよ」的なことを言いにきたことから選手同士の、やりあいがはじまりました。
アウェーで試合後に挑発的な喜び方をしたガンバの選手もよくないんでしょうが、それに物を申す格好になってしまった浦和もよくない。勝った喜びをアウェーだから表現できない。というのはスポーツじゃない気がします。まぁ。サッカーにおけるアウェーとは本当に敵地ということになるんでしょうが。
結果的に選手同士のそのやり取りに触発される形で、サポーター同士が騒ぎを始めてしまったのだと思いますが、圧倒的少数のガンバのサポーターを2時間に渡ってスタジアムに監禁するのは非常に情けない行為だと。浦和に住むものとして、恥ずかしい行為です。何かしら選手やサポーターに対して処分があってもいいのではないかと思います。
やっぱり。こういうことがあると、浦和にいてもレッズの応援をする気になれないですね。せっかくのいい試合も台無しになってしまいます。

Post to Google Buzz

No related posts.