※2016年5月追記:残念ながら現在は営業していないようです。

木漏れ日の差し込む朝の木立の中で、ホットコーヒーが呑みたいなと思い、東京都檜原村の檜原ウッディハウス村でキャンプをしてきました。

苔がむしています@檜原ウッディハウス村

新宿から中央道と圏央道を乗り継ぎ1.5時間ほど走り、県道を30分ほど走るとあっという間です。

大きい地図で開く

私が泊まったのはウッディハウス(定員6人用)です。いわゆるログハウスです。リバーサイドテラスからは、水の流れる音が聴こえて気持ちが良いです。
木立の中のコテージ@檜原ウッディハウス

DSC_5460_HDR1
HDR合成をしてみた写真。

行ったのは9月中旬の週末。日中の気温は23℃ほどでした。夜のバーベキューは半袖半ズボンは寒いです。室内はこのようになっています。

檜原ウッディハウス 室内
キッチンから部屋の中を撮影

苔が生す環境ということもあり、ふとんや畳など全体的に湿り気を含んでいます。

IMG_7042
キッチン

なんでも揃っていそうですが、引き出しの中にはほぼ何も入っていないので設備・装備をまとめておきます。

設備
・洋式水洗トイレ(一部和式もあり)
・流し台、洗面台、ガスコンロ、冷蔵庫、洗剤、包丁、やかん
・ふとん、まくら
・全戸外にバーベキュースペース
・全戸車庫あり

が標準装備です。お風呂は、メイン棟にあるようですが利用していません。(お風呂には石鹸しかないそうです。)上記以外は有料です。借りられる(現地で売っている)のは

・バーベキュー用品一式(アミ・鉄板・トング(炭用)・炭・薪)
・炊飯ジャー
・鍋・フライパン?
・紙皿、箸、ゴミ袋(現地業務用)

です。

持っていったほうがよいと感じたのは

・鍋
・フライパン
・紙食器(コップ)
・軍手
・うちわ
・虫除け
・食用トング
・ライター、チャッカマン

リスト↓にまとめてみました。
http://astore.amazon.co.jp/pawapuro10lab-22?_encoding=UTF8&node=9

車で行かれる方は、事前に購入し持っていったほうがお得です。お風呂は車で15分走るときれいな温泉があるので、そちらを利用しました。

ここの施設は、オンラインでの予約を受け付けておらず、電話予約なので、比較的日程的に厳しい状況でも空き部屋がある可能性があります。週末の利用だと他の施設は遅くとも1.5ヶ月前には予約を完了しないと、空き部屋がなくなっている印象ですが、ここは1ヶ月前でもいけるかもしれません。(実際いけた)

ただ予約金の入金が現金書留の郵送だったり、現地でクレジットカードが使えなかったりとアナログなオペレーションが必要です。という訳であまりネットに情報が出ていなかったのでまとめてみました。

木立の中で朝のコーヒー

渓流のせせらぎを聴きながら呑むコーヒーは最高に美味しかったです。

Post to Google Buzz

Related posts:

  1. 靴がなかなか買えない理由とその解決策 どうでもいい話なのですが、靴を買うのに、いつも時間がかかります。その理由と解決策を買いてみます。...