SIGMA 8-16mmとOlympus Airで旅するスペイン 【前編】

「死ぬまでに一度は見たいヨーロッパの街並み」

というコンテンツに触発されて4月中旬に約2週間ほどスペインを旅してきました。ヨーロッパは2回目。スペインははじめての旅でした。前回のヨーロッパは冬(2月)のオランダ・ベルギーだったので、もう寒かった記憶しかありません。

Frigiliana フリヒリアナ
▲フリヒリアナ

カメラの装備はNikon D7100SIGMA 8-16mm F4.5-5.6DC HSM+Olympus Air 25mm(35mm換算50mm)です。D7100のレンズは迷いましたが8 – 16mmの1本に絞りました。約1,000枚ほど撮影した中から一部の写真をピックアップしてご紹介します。

Madrid-Barajas
▲成田からドーハ経由で23時間でまずは首都マドリードに到着。わかってはいましたが遠かったです。

Madrid
▲市内をバスで周遊。これぞヨーロッパという町並みでちゃんと撮影したかったのですがスケジュールの都合で素通り。

Consuegra windmills
▲2日目は南部コルドバを目指します。途中立ち寄ったコンスエグラにある丘の上の風車

Mezquita at Córdoba
▲コルドバ ローマ橋とメスキータ

DSC_6156
▲石畳と白い壁が綺麗な旧ユダヤ人街

Shop at Mezquita, Córdoba
▲店先に飾られている商品もカラフル

Córdoba inside Mezquita
▲メスキータ内部 暗所でしたがISOを2000まであげたら撮影できました

Córdoba inside Mezquita
▲メスキータ内部 イスラム様式の建物の中にキリスト教の聖堂

Córdoba inside Mezquita
▲描き込み・作り込みのレベルが凄い。宗教は美術を加速させた気がします。

Córdoba inside Mezquita
▲メスキータ内部 見事な彩飾でした。8mmだとシンメトリックの被写体は迫力が出せます。

Night view of Mezquita from bridge
▲ライトアップされたローマ橋とメスキータ。この夕焼けで夜21:30くらいです。この時期のスペインは日が暮れるのが日本よりも3時間くらいは遅いようです。

Mezquita at Córdoba
▲ライトアップされたメスキータ

地平線のかなたまで続くオリーブ
▲三日目。アンダルシア地方を南下していきます。地平線の彼方までオリーブ畑(iPhone 6 plueでバスから撮影)

Mijas
▲白い街1ケ箇所目 ミハスへ

Mijas
▲ミハス どこを撮っても画になります。

Black Cat at Mijas
▲ミハスのカフェ近くにいた猫。(Olympus Air 25mm)撮影スタイルが自由になるカメラなので、カメラを地面スレスレの位置まで下げて猫の生き生きとした表情を撮ることができました。

Mijas
▲ミハス 闘牛場から

Nerja Mediterranean
▲地中海沿いのリゾートネルハ

Nerja
▲ネルハ 絵に書いたような完璧なリゾート。

Nerja
▲ネルハ

夏は40℃まで気温が上がることもある、アンダルシア地方。バスで移動中の車窓は地平線の先までオリーブ畑が広がっていました。強い日差しが街の白い壁に映えます。どの街を見ても綺麗でした。

旅はまだまだ続きます。後半は念願のフリヒリアナから芸術の都。バルセロナに向かいます。

SIGMA 広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ニコン用 APS-C専用
シグマ (2010-05-28)
売り上げランキング: 24,156

▲風景を撮るのが楽しくなります。入らないものはない感覚を是非。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100 ボディー D7100
ニコン (2013-03-14)
売り上げランキング: 5,583

▲2年前の機種ですがまだまだ現役。ミラーレス機とは一味ちがう画質の写真が撮れます。価格も私が購入した時より2万円も安くなっておりオススメです。

  • ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】