靴がなかなか買えない理由とその解決策

どうでもいい話なのですが、靴を買うのに、いつも時間がかかります。

なんとなくずっと靴を買わなきゃなーと思っていながらもおよそ持っている靴がボロボロになり、もう履けない。となるまで買えないことが殆どです。そして本気で買いに行っても色々な商品を見比べて、購入に至るまでに結構な時間がかかります。

だいたいなんとなくいつも欲しいくつのイメージはあります。では、なんで見つからないのか。ちょっと考えてみました。

思いついたのは以下の2つ。

1). 色々なお店に時々しか行かないので、どこにどんな靴があるか(フロア)の把握がうまくできない。
2). 頭にある欲しい靴のイメージは、実はかなり絞りこまれた条件であることが多い。

1)は、余計な情報が多すぎるということです。なんとなく探していた陳列棚が、実はレディスコーナーだったなんてことが時々あります。

でも、見つからない理由として最も大きいのは2).の方です。頭の中にぼんやり思い描いている欲しい靴の条件軸を書き出してみると

・用途
・色
・形
・価格
・機能

とまぁいっぱいあるじゃないですか。これを実際の条件に置き換えてみると

・仕事用
・茶色
・紐がない形
・10,000円未満
・防水

となります。
お店を見ていると、上3つはクリアできますが、せっかくいいのがあっても4つ目の価格で、引っかかったりします。(いいのあったけど高いな〜っていうやつ)

でもよくよく考えてみると、こんな絞込された状態で、ふらふらとお店を見まわっていていいものが見つからないっていうのは当たり前だ。ということに気が付きました。

ということで、これらの条件で絞り込んだ状態で探せるjavari
は最強だという結論に達しました。(僕はJavariの関係者じゃないですよ)

もう靴はJavari以外で買わないことにします。
※もちろん出会い頭で一目惚れしたら店でも買うかもしれないけど。

リスクが1点だけあるとすると、買った靴が足に合わない。という可能性ですが、無料で返品ができるので履けない靴を買うということは起こりえません。
(幸いなことに今まで、これは履けないというレベルで合わなかったことはない)

このJavari。
靴以外に鞄や財布もあるのですが、色、形、価格などなんとなくイメージしているのもがある場合はとても便利です。